kokyu

ストレス解消が、やせぢからを高める

こんにちは(^O^)♪ 
あなたの痩せる力(やせぢから)を高めて、ダイエットを成功へと導く!
体質別ダイエットアドバイザー武藤やすえです♪

太る原因のひとつに、ストレスがあります。ストレス太り(((( ;°Д°))))

bunny9 ストレスを感じると、自律神経のバランスが悪くなります。
交感神経は、脂肪の分解や燃焼代謝に深く関係しています。自律神経の働きが悪くなると脂肪の代謝がスムーズに行われなくなります。
自律神経が狂うと、腸の働きも悪くなります


◇ストレスによる過食症と拒食症 

また、ストレスにより、コルチゾールというホルモン(ストレスホルモン)が分泌されます。 このホルモンは、脂肪を蓄積させやすく、さらに食欲を抑えるホルモン(レプチン)を減少させるため、食欲が沸きます

どんどん食べて、どんどん脂肪がつくという最悪のサイクルを招くのです(=◇=;)!

自律神経の不安定が度を越すと、逆に拒食になります。
身体が強いストレスから身を守るため、防御体勢に入り、食事をも受け付けない状態になるのです。
ストレスでやせるのは、精神的にかなりキツイ状況です。


◇やせぢからを高めるために

心も健康な状態でないと、ダイエット効果が高まりません。
疲れた状態でダイエットをはじめても続きません。
よけいに疲れてしまいます。

やせぢからを高めるために、ストレスに強いカラダになりましょう。


◇ストレス解消法

日常生活では、気づかない間に、呼吸が浅くなることがよくあります。
ストレスを受けやすい人は、呼吸が浅い人が多いです。

特に最近は、パソコンや携帯を使う人が増え、猫背になりやすい傾向。
猫背になると胸の位置が下がり、息が浅くなります。

kokyu 自律神経を整えるために、意識して深呼吸をしてください。

ストレスがあると、不眠症となります。
寝ないと、ストレスが取れません。
ものすごい悪循環(;>_<;)

朝、太陽の光を浴びると、成長ホルモンの分泌が促されて、夜の寝つきがよくなります。
やせやすいカラダとなります。

湯船につかって、リラックスするのも良いですね(*^O^*)

私もよくやってしまいますが・・・(^_^;)、寝る直前までパソコンや携帯の画面を見ているのは良くありません。 寝つきが悪くなったり、質の良い睡眠を妨げます。
寝る前は、パソコン、携帯、テレビなどからの電磁波を浴びないこと。  


bunny4●ストレスは太る!ストレスに強いカラダになる!
深い呼吸
質の良い睡眠
太陽の光を浴びる
リラックス
趣味を楽しむ
048

腸をキレイにする

こんにちは(^O^)♪ 
あなたの痩せる力(やせぢから)を高めて、ダイエットを成功へと導く!
体質別ダイエットアドバイザー武藤やすえです♪

私は、腸をキレイにすることが、ダイエットの近道 だと思います!

腸内環境を良くすると、痩せる力が高まります。

8beaead27c4b2964f5015b0f826bf43f_s 腸内には約500種類、100兆個もの腸内細菌がいるそうです。
腸内細菌は、善玉菌、悪玉菌、日和見菌に分類されます。

日和見菌は、善玉菌が優勢な時は善玉菌の見方をし、悪玉菌が優勢になると悪玉菌に加勢します。

善玉菌は、腸の働きを良くする、免疫力を高める、ビタミンを合成するなどの働きをします。
善玉菌は、食べ物のカスを発酵させて、便を作ります。

悪玉菌が増えると、善玉菌の働きを抑制します。
悪玉菌が優勢になると、腸の働きが悪くなるため、便秘になります。

悪玉菌は、食べカスを腐敗させて、有害物質を発生させます。
有害物質は血液にのって全身に運ばれ、細胞の代謝が低下します。
これが、病気や肥満の原因(;>_<;)!

腸がキレイだと、病気になりにくい。 
腸がキレイだと、お肌もキレイ。
腸がキレイだと、やせる。
カラダの若さを決めるのは、実年齢ではなく、腸年齢です。


腸をキレイにすることが、究極の健康法、究極のダイエット、究極のアンチエイジングといえるでしょう。

悪玉菌は、動物性脂肪(肉類)が大好きです。
肉を食べるとオナラが臭くなるのは、腸内で動物性脂肪が腐敗している臭いです。
砂糖や人工甘味料は、悪玉菌のエサとなります。

腸内環境を良くするには、水と食物繊維を摂ることです。
食物繊維:野菜、きのこ類、豆類、海藻類、穀物など。

食物繊維は分解消化されにくいため、大腸まで届きます。
食べカスや老廃物、悪玉菌が作った有害物質をからめとり、便として排泄されます。

そして、排泄されやすい質の良い便を作るためには、水分が必要。
生野菜には、食物繊維も水(活きた水)も豊富。酵素もたっぷり。
私は生野菜をたっぷり食べることをおすすめしています。

また、発酵食品も腸内環境を良くします。
発酵食品:味噌、納豆、漬物など。

bunny◆やせぢからを高める【腸をキレイにする】
・水と食物繊維をたっぷり摂る
・発酵食品を摂る







kaze

やせぢからを高める【低体温を治そう】

bunny10
こんにちは(^O^)♪ 
あなたの痩せる力(やせぢから)を高めて、ダイエットを成功へと導く!体質別ダイエットアドバイザー武藤やすえです♪

やせぢからを高めるためには、基礎代謝を上げることが重要です。

基礎代謝は、寝ていても、ただボーッとしているだけでも、消費されるとってもありがた――いカロリーです。

体温が1度低いと、基礎代謝が12%落ちるといわれています。
低体温の人は基礎代謝が低く、太りやすいのです。

たとえば、1日2,000キロカロリー、その70%の1,400キロカロリーが基礎代謝で消費される人がいるとします。
1400キロカロリーの12%は、168キロカロリー。
30分ジョギングするのと同じくらいのカロリーです。
体温が1度低いと、毎日168キロカロリー分ものカロリー消費量に差がつきます。

低体温の人が30分走るのと同じカロリーを、基礎代謝が高い人は寝ていても消費するのです。
しかも、毎日!この積み重ねがいかに大きいか、おわかりになりますよね。

低体温を治せば、基礎代謝が上がり、痩せやすいカラダになります!

kaze
また、体温が低いと免疫力も低下します。
免疫力が低下すると、病原菌やウィルスからカラダを守れなくなります。
免疫の誤作動によって、自分自身の体組織を攻撃して、病気を引き起こしたりします。

免疫力が低下すると、風邪を引きやすい。そして、風邪が治りにくい。

誰でもカラダの中にがん細胞を持っていますが、免疫力によって抑制されています。
ところが、体温が低くなると、がん細胞が活性化されることがわかっています。体温が35度台の時に、がん細胞はもっとも活発に増殖されるそうです。

「私、低体温なの。平熱が35.8度しかなくて・・・」と言う人。
私は、なんかカッコイイ!超COOL!と思っていました(^_^;)。
ご本人も自慢気に言うし・・・(笑)。

でも、違うんです! 低体温は放っておいてはいけません! すぐに改善しましょう。

bunny
●体温を上げると、基礎代謝が上がる。痩せる身体になる!







IMG_2007

やせぢからを高める運動

bunny5

■やせぢからを高める【運動】

~やせぢからを高めて、一生太らない痩せ体質に~

こんにちは!あなたの痩せる力(やせぢから)を高めて、ダイエットを成功に導く!
体質別ダイエットアドバイザー武藤やすえです。


やせぢからを高めるためには、基礎代謝を上げることが重要です。


基礎代謝を上げるためには、筋肉量を増やすこと、筋肉を鍛えることが必要です。


筋肉を鍛えるためには、運動!

でも、運動が苦手、嫌いという方も多いですね(^^)

運動が嫌いじゃなくても、忙しい毎日。時間を捻出することが難しいです。


運動が苦手でも、忙しくても、カンタンにできることを日々の生活に取り入れましょう。


たとえば・・・

・腹筋に力を入れ、背筋を伸ばして、左右の肩甲骨を寄せて、胸を開く。
 →良い姿勢を心がけるだけでも、腹筋と背筋が鍛えられます。

 姿勢を良くすると、内臓の働きも良くなって代謝が上がります。

・建物の上階へ行く時には、エレベーターを使わずに、階段を昇る。
 →お尻、脚の筋肉が鍛えられます。


・歩く時には、腹筋に力を入れて、お尻を締めて、少し大股、早足で歩く。
 →腹筋、お尻、脚の筋肉が鍛えられます。


・ハミガキをしながら、かかとを上げたり下ろしたりする。
 →お尻、ふくらはぎの筋肉が鍛えられます。



【基本の美しい姿勢】
IMG_2007 1.かかとをつけて立ちます。
つま先はまっすぐ、もしくは斜め45度開きます。
2.腹筋に力を入れます。
ワンサイズ小さいジーパンを履くことをイメージしてください。
サイズの小さいジーパンのジッパーを下から上へ上げていく時のように、思いっきりお腹を凹ませます。
3.お尻に力を入れます。肛門をきゅっと締める感じです。
4.恥骨を立てて、腰が反らないよう真っ直ぐにします。
5.胃を上に持ち上げて、胸を開き、肩の力を抜きます。
6.顔は真っ直ぐ、正面を向きます。
※横から見た時に、顔が前に出ていませんか~?ほお骨は鎖骨よりも後ろにきます。 耳、肩、腰、くるぶしが、一直線のラインにくるように。

【美しい歩き方】
1.基本の美しい姿勢をします。
2.片脚を持ち上げ、前に出して、かかとをつきます。その時にはまだ後ろ脚に体重が乗っています。
3.前脚のかかとが床についたら、体重を後ろ脚から前脚に移動させます。
4.前脚に体重が乗ったら、後ろの脚を持ち上げ、前に出してかかとをつきます。
左右繰り返し。
※ひざ下でペタペタ歩くのではなく、胃から下は脚!とイメージして歩きます。

【スーパーモデルウォーキング】  おすすめ!
スーパーへ買い物へ行った時など、スーパーモデルになったつもりで、さっそうとウォーキング!
私はカッコイイ。私はステキ。私はモデル。私は女優。
ぜひ、なりきって歩いてください(^_-)-☆
もちろん、美しい姿勢、美しい歩き方を忘れないでくださいね。
たった5分歩くだけでも、良い運動になります。



このように、わざわざ時間をかけなくても、カンタンに運動する方法はたくさんありますよ~!

逆に、ウォーキングを30分したとしても、だらだら歩いているだけでは、あまり効果はありません。
筋肉を意識することが重要です。


bunny
●痩せる方法 筋肉を鍛えて、基礎代謝を上げる
歩くだけでも、筋肉をつけることはできる!








6ffde41245152ede2807e1288c3bea1e_s

やせぢからを高める基礎代謝

●やせぢからを高める【基礎代謝】
bunny4

~やせぢからを高めて、一生太らない痩せ体質に~

こんにちは!あなたの痩せる力(やせぢから)を高めて、ダイエットを成功に導く!

体質別ダイエットアドバイザー武藤やすえです。

やせぢからが弱まる原因のひとつに、基礎代謝の低下があります。

基礎代謝とは、じっとしていても消費されるカロリーです。

消費されるカロリー全体のうち、ナント!60~70%は基礎代謝によるものです。
運動で消費されるのは、全体の20~30%なので、運動だけではなかなか痩せない理由がここにあります。

基礎代謝を上げる、減らさないということが、とっても重要!

悲しいことに、基礎代謝は加齢によって低下します。 30代は徐々に、40代はみるみる、50代以降は転げ落ちるように、減っていくと言われています(;>_<;)


『食事量も運動量も若い頃と変わっていないのに、太る!』
『若い頃はカンタンに痩せられたのに、最近は頑張っても痩せない!』

それは、基礎代謝が低下したせいでしょう。


【基礎代謝を上げるには】

1.筋肉をつける
 基礎代謝を上げるには、筋肉を鍛えるのが一番です。
 ハードな運動は必要ありません。
 カンタンな運動を毎日少しずつが良いと思います。

2.正しい姿勢を心がける
 カラダが歪むと、筋肉の動きが悪くなり、可動域が狭くなります。
 可動域が狭くなれば、運動量が落ち、代謝が悪くなります。
 姿勢が悪いと、内蔵の働き、血の巡りも悪くなります。

3.深い呼吸をする
 呼吸が浅いと内臓の働きが弱くなり、代謝が下がります。
 深い呼吸は自律神経を整え、気の流れや血流も良くします。

4.冷え、低体温を治す
 冷えは血液の流れを悪くします。
 血流が悪いと、血液によって運ばれる栄養が末端の細胞まで届きません。

 体温が1度下がると、基礎代謝が12%下がると言われています。

 

bunny

●痩せる方法 基礎代謝を上げて、やせぢからをアップ