日光浴がやせ体質をつくる

毎日、おひさまに当たっていますか~?


日焼けは美容の大敵なので「日光に当たりたくない」という気持ちはよくわかります。
0683b35388e1d1941224a677a41b35ce_s

しかし、多くの日本人女性は日光を避けすぎ!

日光を浴びると、体内でビタミンDが形成されます。ビタミンDは、カルシウムの吸収を促進します。日光浴は、じょうぶな骨を作るのに役立ちます。


また、日に当たると、セロトニンの分泌が良くなり、睡眠の質が高まると言われています。

質の良い睡眠は、成長ホルモンの分泌を促します。
成長ホルモンは、中性脂肪を分解したり、新陳代謝を活発にしたり、やせ体質を作るためには欠かせないホルモンです!

睡眠の質が悪かったり、睡眠不足になったりすると、食欲を亢進・抑制するホルモンのバランスが乱れて、食欲が増します。 これは、ニセの食欲なので、必要以上に食べたくなり、食べてしまう。その結果太るという結果に・・・

質の良い睡眠は、ダイエットには欠かせません。


◆朝、日光に当たる → セロトニンが分泌 → 夜メラトニンに変わる → 質の良い睡眠 → 睡眠中に成長ホルモンが分泌 → 脂肪を分解/代謝を上げる → やせる

朝陽を浴びると、こーんなに良いサイクルが待っています!!

つまり日光浴は、やせ体質をつくるのに役立つのです。

毎日10分から15分くらいの日光浴をおすすめします♪


私たちは50兆個から60兆個の細胞からできていますが、細胞を活性化させるためにも日光浴は必要なんです。

細胞は40歳をすぎると急激に数が少なくなります。ひとつひとつの細胞も元気がなくなっていきます。

細胞がエネルギーを生産し、新陳代謝を促しています。 細胞が少なくなると、代謝が悪くなるので、太ります。

40歳をすぎて太りやすくなるというのは、ちゃーんと理由があるのです。

細胞を活性化させるためにも、日光浴をしましょう。

必ずしも直接でなくても良くて、窓越しでも大丈夫です。お部屋のカーテンを開けて、太陽の光を浴びてください。