カテゴリー別アーカイブ: 生活習慣病

5db82dbd846624b76b485b5a148254d5_s

グルテンフリーとは?小麦粉はどうしていけないの?

グルテンとは、小麦、ライ麦、大麦など、穀物の胚乳から生成されるタンパク質の一種です(出典ウィキペディア

Gluten Free(グルテンフリー)とは、グルテン(小麦粉製品)をとらない食事法のことをいいます。

グルテンに含まれる「グリアジン」という物質には、食欲を促進させる働きがあり、パンやスイーツを食べだすと止まらないという現象を起こします。

そのクセ、食べ続けるとアレルギーを起こす恐れがあるのです。


テニスプレーヤーのノバク・ジョコビッチ選手が、小麦粉をやめたら神経の伝達スピードが早くなり、世界ナンバーワンプレーヤーになれたという本を出版しました。


パスタを食べると、すぐにエネルギーになりやすいという理由で、試合前にパスタを食べるアスリートが多くいます。ジョコビッチもそのひとりでした。

しかし、試合に集中できなかったり、試合中呼吸困難になったり、吐き気がしたりということがあったそうなのです。パスタ(小麦粉製品)のせいだとは気づいていませんでした。

栄養学者のすすめで検査をしたところ、グルテン不耐性(グルテンアレルギー)と判明。
14日間小麦粉製品を食べるのをやめたら、体調が良くなり、カラダのキレ、プレースピードが増しました。

その後、グルテンを含むベーグルを1個食べてみたら、その翌朝はカラダのキレが悪く、体力が続かなかったとのこと。



グルテンアレルギーがあると、小腸の細胞の結びつきが崩れて緩み、腸管に穴が開きます。リーキーガット(腸管炎症)という現象です。

中から毒素が漏れ出し、それが脳へと到達して「キヌレニン」という神経毒性物質を生み出すといいます。「キヌレニン」が脳のニューロン(神経細胞)に作用すると、神経伝達物質が出にくくなります。

つまり、「キヌレニンがジョコビッチ選手の脳を犯していた」ということです。
(出典いつものパンがあなたを殺す

こんな話を聞くと、小麦粉が全面的に悪いと思われてしまいますが、うどん、ほうとうなど、日本人は昔から小麦粉を食べてきました。

日本産の地粉まで悪いということではなさそうです。

グルテンによる過敏症は、輸入小麦の度重なる品種改良と、除草剤(モンサント系ラウンドアップ)の散布が関係しているというデータもあります(出典オーガニックライフを提案するIN YOU

遺伝子操作
何世代も品種改良
農薬・化学肥料・除草剤漬け
石臼挽きなんてせず高温で精白
白くするために漂白
防カビ剤・殺虫剤を撒く

小麦粉に限らず、食品添加物、保存料、化学調味料、合成着色料、人工甘味料など、現代の食品は薬品漬けです。

人間は動物です。私たちの身体は、自然の一部です。化学的な食べ物が身体に良いはずがありません。

化学物質は身体に残りやすく、排泄されにくいのです。
身体中に毒素がまわり、体調が悪くなります。病気になります。

あなたの身体は、あなたが食べた物でできています!

食べたい物が何でも、いつでも、簡単に手に入る便利な時代になりましたが、その大きな大きな代償にもっと多くの人が気づいてほしいです。
70379f1e45ff24a312a601680a152f35_s

ガンを予防する方法

ガン、心臓病、糖尿病、脳卒中、高血圧症、肥満、関節炎、白内障、アルツハイマー病、ED、そのほかすべての生活習慣病や慢性病は、ほとんどが予防可能です。

その予防方法とは・・・

シンプルで、実行がカンタンで、
副作用など一切伴わず、
どんな薬や手術よりも効果がある方法。

しかも、根拠となる科学的証拠は山ほどあります。

その方法とは、食習慣生き方を変えることです。

乳がん、結腸がん、肺がん、白血病、胃がん、肝臓がん、小児脳ガン、糖尿病、心臓病は、豊かさが招く病気です。現代人は食べ過ぎです。飽食・美食がさまざまな病気を引き起こします。

特に、動物性食品の摂取量と心臓病やガンの死亡率は比例します。
多くの研究によって、動物性タンパク質が、ガン細胞を形成、増殖させるということが、わかっています。

私たちは多かれ少なかれ、すでに身体の中にガン細胞を持っています。
体内のガン細胞が活性化するかどうかは、食生活にかかっています。

食習慣を変えることで、最大限の健康が手に入ります。

【 病気を予防する食習慣 】
・動物性タンパク質(肉・牛乳・卵・魚)の摂取量を減らす

・植物性食品中心の食事。生野菜、果物などの生きた水をとる

・ホールフード(未精製・未加工の食べ物)を食べる


【 数百匹のネズミによる実験 】
アラフトキトシンという発がん性物質をネズミに与えた。
   ↓
ネズミを3つのグループにわけ、
総摂取量の6%がタンパク質の食事、
14%がタンパク質の食事、
22%がタンパク質の食事をそれぞれ与えた。
   ↓

100週目
22%タンパク質のグループは、健康なネズミはゼロ。
すべてが、肝腫瘍で死んだか、肝臓がんで死にかけていた。
6%タンパク質のグループは、ガンになったネズミはゼロ。
毛並みに光沢があり、動き回っていた。

ネズミ実験

※カゼインとは動物性タンパク質で、牛乳のタンパク質の約87%を占める。


【中国農村部6500人に対する調査】
中国人の動物性タンパク質摂取量は、1日平均7.1グラム
アメリカ人は、1日平均70グラム。

血中コレステロール中国人の平均値は、127mg/dl
アメリカ人の平均値は、215mg/dl

アメリカ人は、中国農村部の人の10倍多い量のタンパク質をとっている。
アメリカ人女性の乳がん脂肪率は、中国農村部の女性の5倍!
アメリカ人男性の心臓病脂肪率は、中国農村部の男性の17倍!


【参考図書】
葬られた「第二のマクガバン報告」上 「動物タンパク神話」の崩壊とチャイナ・プロジェクト
T・コリン・キャンベル、トーマス・M・キャンベル著 
036

ほとんどの病気は予防できる!予防医学を考えよう

どんなにビジネスで成功しても

どんなにお金持ちでも

どんなに家庭が円満でも

健康でなければ、幸せではありません!

病気は、あなたの人生を台無しにします。

毎年、定期的に受ける健康診断。
早期発見はもちろん大切です。

ただ、健診は「病気になっているか、なっていないか」のチェックでしかありません。

もっと積極的に病気を予防する必要があると思います。

もしかしたら、ガンは遺伝なので、防ぎようがないと思っていらっしゃるかもしれません。
しかし、じつは、ほとんどのガンは遺伝ではありません。

遺伝は、全体の2~3%にすぎないのです。
栄養学の世界的権威であるコリン・キャンベル博士が40年に渡る研究の中で明らかにしています。

そして、ほとんどのガン、心臓病、糖尿病、脳卒中、高血圧、関節炎、白内障、アルツハイマー、EDなどの慢性病は、予防が可能です!

どんなに気をつけていても、どんなに予防策を講じても、絶対に病気にならないという保証はありません。残念ながら、なる時はなります。

それでも、病気になる確率を下げることはできると確信しています。

私は医療の専門家ではありませんが、命に関わる重要な情報を得られたことに感謝します。
その情報をこのサイトでお伝えしていきます。

楽しく幸せに生きるため

大切な人のため

人生の目標を達成するため

良い仕事をするため


病気にならない方法を学び、食生活や生き方を考えてみませんか?

009  【 参考図書 】 
葬られた第二のマクガバン報告 「動物タンパク神話」の崩壊とチャイナ・プロジェクト
コーネル大学栄養生科学部名誉教授 T・コリン・キャンベル著